その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


トップページ

2017年02月16日

確変上等!かかってこいや!CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作99V初打ち

人気ブログランキングへ FC2ブログ にほんブログ村 パチンコブログへ
ランキングの確認はコチラ↑↑↑
CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作99V初打ちです。
Gスポットガール・・・
もとい、ガールズスポット以来のセクシー女優を起用したパチ。
楽しみにしておりました。

今回は1パチではなく4パチでございます。
なぜならまだ1パチには入ってないから。

ってか、豊丸とSOD自体入ってる店が少なすぎる。
セクシーフォール2も入ってないけど。

はてさて、
4パチも実はちゃっかりこっそり貯玉が在ったのです。
現金ではなく貯玉で打てる喜び。
プライスレス。




いや、プライスはありますけども。。。

2台しか入ってない甘デジSOD.
どちらにしようかな〜
ってことで適当に座って打ち始めたら
こりゃ回りません。

客が飛んでるわけだ。こりゃ。
200発ほど打って回らないので移動。
で、さらに貯玉を払い出して打ち始めました。

この店は0.5k分ずつ払い出すシステムです。
で、移動して125個払い出し打ち初めますと
早々に保留変化無しからのドーパミンドバドバ!

キターーーッ
MM号ミッションリーチに発展。

SOD1.jpg

ロックオン!デマンド!

北川瞳嬢です。

SOD2.jpg

これはチャンスアップも何も無いパターンですよね。

しかし、

SOD3.jpg

テロップは赤文字です。

嫌いなテロップ色違い演出ですが
とりあえず赤が出ると嬉しいものです。

で、当たり。

SOD4.jpg

残念ながら電サポはスルーしました。

とりあえず当たり引ければ良いかな。
と、貯玉を使って打ってみたんですが、
本音を言えば、、、もっと出したかった。

でもまだ375発しか使ってないし、
少しばかりの350個ほどの出玉もあるし、
粘ってみるか、と打っておりましたら、

電サポ抜けから40回転ほど回した所で
忘れたけどそこそこの予告を経て3で聴牌。
保留は青です。

SOD5.jpg

が、これが赤に変化。

SOD6.jpg

そしてサービスショット。
オッパイです。

SOD7.jpg

いやあ、デカパイは癒やされますなあ。
平和の象徴はハトではなく
オッパイだと思う今日このごろです。

で、コレ。

SOD8.jpg

こりゃ、何ですか?
足コキリーチですか?

SOD9.jpg

ま、当然ながら昇天するに至らず。

SOD10.jpg

ですが、そこは心配ご無用、
赤保留ですから当然発展します。

SODチャレンジリーチ。

SOD11.jpg

さて、これはどうなるのかな?
と見ておりましたら
選択されたのは補助倒立。

SOD12.jpg

これはいささか、
というか、かなりの弱リーチではございませんか?
赤保留の割には。。。


SOD13.jpg

このグダグダ感。
いかにもそれっぽいですなあ。



さて、結果は・・・


できたー

SOD14.jpg

弱リーチも凌駕する。
それこそが赤保留というものでしょう。

で、これが今度は7連しました。
電サポ当たり中はオール15Rで
5連したところで出玉約3000発。

なかなかの出玉ではないでしょうか。

ちゃりんコンボ

SOD15.jpg

さて、電サポ抜けして、出玉は約4000発ちょい。
即ヤメするか、粘るかと思案しておりましたら、
電サポ抜けヘソ保留でまさかの7聴牌!

当然当たりました。

SOD16.jpg

そして今度はこれが6連チャンしました。

よし、そこそこ出玉も増えたし、
これなら確実に粘ってイキますよ。

と、電サポ抜け後の保留消化を見ておりましたら、
S,O,Dの文字が揃い、発展。

SOD17.jpg

オールスター
ハート4つ半。

SOD18.jpg

当然あたり。
またもや保留で引き戻しちゃいました。
今度は2連でした。

実質15連。
これはツイてる!!

で、この2連で抜けた時、
なんと!電サポが181回付いたのですよ。
104回過ぎて電サポが続いた時、

次回まで電サポ有りパターンもあるスペックなのか?
と思ったのですが賢者タイムになりするっと終わりました。

え?
何なの?
バグ?遠隔?裏ロム?

とかプチパニックになったのですが、
帰って来てスペック調べたら2R確変があると尻、
納得できました。

しかし、いつ2Rが当たったのか分からないのは
ちとイヤな演出ですねえ。

劉備の部屋、みたいに、
ピンポリンポン、ピピリンポリンポン
頑張ってるアナタにプレゼントです。

的な演出があれば良かったのに。
ま、いつまで続くか分からない。
ってのが売りなのかもしれませんが。

しかし、SODの電サポは104回を待たずに
抜けるパターンもあるわけですかね。
それとも抜けそうで抜けないっていう
焦らし演出なだけなのですかね。


しかし電サポ180回もあって当たりを引けないとは、
いや、2Rは引いてるわけですが、
ナンテコッタイ。と思いつつ、

それでも打っておりましたら、
またもや早々にリーチ。
7テンパイです。

アニメリーチに発展して当たり。

SOD19.jpg

これは単発でした。

で、まだまだ出玉に余裕有り。
と思いさらに粘ってみました。
とりあえず1000発だけね。ってことで。

で、出玉を600発ぐらいつかったところで、
乳ゾーンになり、これが爆乳ゾーンまで発展。

SOD20.jpg

プロモーションSPSPリーチ。

SOD21.jpg

当たりました。
今度は5連です。

さて、さて、もう十分な出玉です。
甘デジですから。
ですが、普段1パチばかりなもので、
1万発以上出してやっと勝った。
という気持ちに慣れてるもので、
4鉢だと頭で理解してるのですが
ついついズルズルと粘ってしまいました。

が、またもや早々に、赤保留で乳ゾーン。

SOD22.jpg

しかし、乳ゾーンのままでテンパイしました。

発展したのはアニメリーチ。
ハズレです。

SOD23.jpg

ま、ここまでは当然の結果です。
赤保留ですから発展します。

激熱激激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱激熱

SOD24.jpg

そしてデカボタン。

SOD26.jpg

当たりを引きましたが結局スルーしました。
しかもまたもや電サポ104回超え。
196回付いてスルー。

90回以上まわして当たり信号引けるのは
凄いかもしれないけど、2Rとはね・・・

さすがにヤメ。
ハラ減ったので。

ってか、
当たりが80回近くで当たることが多くて
ここまでで時間もすごくかかってるのです。
閉店間際に打ち始めてたら絶対に回収出来てないです。



さて、さて、
初打ちで1万発オーバーの大勝利。
甘デジですから大勝利でしょ。

もちろん新台初日ではありません。
前述しておりますが客は飛んでおります。

じつは、この高確率で通常時と大差ないスペックって
あまり好きではないのですよね。
キン肉マンとか恋が峰女学園(←適当)とか。

なんかお得感が無いでしょ?

ま、でもこのスペックでも勝てる。
ってのを自ら実証したから良かった。

のかも・・・


さて、豊丸、
ぶっ飛ばしてますね。
ふざけ過ぎ。

大当たりの中の曲。

すかんちの恋のマジックポーションです。

SOD27.jpg

なんか聞いたことある曲だな、
と思ったら。



大当たり中に画面を見づらい仕様なので。

ちなみにラウンド中は8個入賞で打ち出しストップでOK.
たま〜にオーバー入賞もあります。

見つかっちゃった。

的な音声もあるようですが、分かりづらいです。

で、盤面左側に集中してるので
気づかなったのですよ。

何度も聴いてるうちに、
これは・・・まさか・・・
ってな感じで気づきました。

しかし、
すかんちの恋のマジックポーションを
採用するとは。

そしてMM号ボーナス時の伊勢佐木町ブルース。

何故に?

と、問われれば、
それが豊丸だから。


目のつけどころが違います。
流石です。
マジリスペクトです。



そして5連以上してからのヨーデルボーナス。
良う出るボーナス。
ってダジャレかーい!

ってなセンスも好きです。






今回はたまたまだったかもしれないけど、
赤保留と激熱の信頼度がしっかりしてるのも好印象でした。
一度も赤保留、激熱ともハズレ無し。

これは高く評価すべき点でしょう。

それからリーチがアッサリしてるのも好印象です。
ダラダラ長すぎるリーチは時間効率も悪いし、
ハズレた時のガッカリ感も半端ないですし、
このボタン一発での当否判定は最高です。


で、最後に、
出演女優の中にアテクシの好きな篠田ゆう嬢がいました。

SOD28.jpg

7聴牌で出て来るし。

いやはや、彼女のプリ尻のどエロいこと。
マジぱないっす!

死ぬまでに一度は見ておくべきプリ尻です。



ドュドュビ ドュビ ドュビ ドュビ ドュバ〜
灯がともる






posted by ブラ at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック