その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


トップページ

2018年12月25日

CR究極神判XINSにて辛勝?

1鉢コーナーに新台として4鉢からやってきた究極神判。
初打ちではありませんが、とりあえず早いうちに打て。
鉄は熱いうちに打て。ココアは熱いうちに飲め。ってなわけで。

ほんとはね、ドラムとかセグとか好きではないんです。
が、とりあえず、役物に萌え絵が使用されてるので打つ。
これが無骨な魔神像とかならガン無視するんですが。

で、打ち始めましたら、
ナンジャらゾーンだったか、なんじゃらモードだったか、
天使がしゃべって天ランプが光ったので、
(あ、こりゃ熱いヤツ来た)と身構えて様子を見ていたのでスが

JUDGEMENTになり悪魔を選択。
結果、ハズレ。

これはヤバいハズレかも・・・
と思ったのですが、そのまま打ってみました。
で、貯玉投資1800個目。

また天使が何かしらしゃべってテンパイしてのJUDGEMENT。

究極神判1.jpg

今度は天使を選択肢、当たり。

とりあえず時短を引き、右打ち。
Vを狙え。みたいなこと言うんで
まさかのパンクがあるのかい?

と心配したんですが、普通に打ってれば普通に16R消化できるシステム。
これは、アレだな。
緋弾のアリアAAではなく、究極神判が戦国恋姫だったんだな。




続きを読む

人気ブログランキングへ FC2ブログ にほんブログ村 パチンコブログへ


posted by ブラ at 00:10 | Comment(0) | パチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

一騎当千SS3に始まり一騎当千SS3にて終わる。

すでに撤去が始まってる感のする一騎当千SS3。
無くなる前に打っときゃなきゃ。
ってなわけで、一騎当千SS3にまっしぐらとなったのです。

で、打ち初めて貯玉投資600個目。
写真撮影リーチになり、
(あ〜あ)なんて思ってたら、

思いの外コスプレカットイン発生!!
マジか!?
これ流石にハズさないよなあ?

若干の不安をいだきつつ見守っておりましたら、
見事にピントぴったり。
大当たりを射止めました。

一騎当千1.jpg

まったく油断しておりました。
まさかの写真撮影でのコスプレカットイン。
このパターンは初見です。




続きを読む

人気ブログランキングへ FC2ブログ にほんブログ村 パチンコブログへ


posted by ブラ at 00:10 | Comment(0) | パチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

中古パチンコ実機 SANKYO CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアLIGHTver. 『バリューセット2』




2017年8月に導入され、今なお高稼働を誇る大人気機種『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』に、甘デジバージョンが登場した。
ゲーム性はライトミドル版をそのまま継承しており、より遊びやすいスペックへと変化しているぞ。
本機は1種2種混合機で、ヘソ入賞大当り(主に通常時)と、小当りからのV入賞大当り(最終決戦&シンフォギアチャンス中)の2パターンの大当りが存在する。
ヘソ入賞大当りの初当りは基本的に4ラウンド大当りとなり、その後は必ず時短1回+残保留4個の「最終決戦」に突入する(1%ではあるが、初当りからいきなり15ラウンド大当り+シンフォギアチャンス突入の可能性もアリ)。
「最終決戦」では、指示に従って右打ちするだけで、ほぼ電チュー保留を4個貯めることが可能(電チュー保留が計5回消化できる)。
そして、電チュー保留は1個あたり約7.7分の1で図柄揃いの小当りに当選する。
電チュー保留5個以内に小当りを引いてV入賞させ(ほぼV入賞する)、「シンフォギアチャンス」に突入する割合は約51%だ。
「シンフォギアチャンス」は時短7回+残保留4個、つまり電チュー保留を計11個消化するまで継続。
約7.7分の1で小当りに当選することを考えると、その連チャン性能の高さは容易に想像が付くだろう。
V入賞大当りは20%が15ラウンド大当りとなることもあり、甘デジながら一気に大量出玉を獲得できることも!? 
なお、最終の7変動目は必ずリーチが発生し、その期待度は約50%とのことだ。
また、V入賞大当り時にのみ選択される8 or 12 or 15ラウンド大当り「ギアV-COMBO」中は、今ある保留内に小当りがあることを告知することがある。
ギアV-COMBO中に「V-STOCK」を獲得すれば、保留内での小当り当選が濃厚となり、実質、速攻連チャン発生が約束されるぞ!



人気ブログランキングへ FC2ブログ にほんブログ村 パチンコブログへ


posted by ブラ at 22:59 | Comment(0) | 中古実機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする